« あたし、何処に来たのかしら? | トップページ | お勉強用HP »

2009年6月 1日 (月)

牧羊犬スイッチ

散歩中に何かをきっかけにラディーは「牧羊犬」の血が騒ぐらしい。

はじめてうちに来たときに、いきなり耳を後ろにピタッとつけて、全速力でLDの中を駆け回っていた。

一回で飛び上がれなかったソファも二回目には一発で乗れるようになり、そのままの勢いで駆け下りて、また輪を描くように走り回る。

とても3ヶ月前の子犬とは思えない動きだった。

その後、兄三人と遊んでいるときに、興奮すると的確に足首や手首を狙ってくることに気付いた。

最初こそ笑って済ませていたものの・・・

そのうち、噛む力も強くなり、本人も加減が出来ないのでそれなりに痛さを伴うものになってきた。

これは笑い事では済まされない、エスカレートすると犬種が犬種だけにやっかいなことになる予感。

こちらも改めて勉強、そしていずれアップするトレーナーさんでの教室において教えられた意見を参考に、どうにかこれは治まった。

だが、やはり血というのは力があるもので。。。

ボーダーお得意のハーディングを何かの機会に見せてくれる。

それが通称「牧羊犬スイッチ」ON!である。

一つは、舗装された道から草むらに入ったとき。

最初は草の丈を飛び越える動きから、徐々に引っ張る力が強まって、すぐに走り出す。

草いきれの匂いが何かを誘うのか、刈り込まれた直後なども同様の動きを見せる。

広場の真ん中に出たときもそうだ。

伸縮性のロングリード目一杯まで(約8m)行くと、そのまま方向を変えて走っていき、だんだんと輪を狭めつつ近付いてきて、軽く靴に歯を当てて1ラウンド。

何セットか繰り返すと満足するようだ。

それから、ちょっとした高低差を飛び越えるときにスイッチが入る。

我が家の近くの土手を降りる際など、顕著である。

自分はぴょんぴょんと飛び移りながら降りていくが、こっちは足元が滑るので危ないってのいうのに。。。

実はシープドッグの方が向いていたりして・・・

きっと、こんな風景の中で育った遺伝子が、彼女の中に脈々と受け継がれているのかも知れないな、

081014h01

P1010040cx

発祥の地はこんなところか。

本当に”ボーダー”だ。

http://www.wa.commufa.jp/~eigo4all/maps/scotland.html

きっと毎日毎日、羊を追いかけて暮らしていたんだろう。

A2bcb6f1

そうそう、羊の放牧といえば草をはむ、ってことで、実のところ何を食しているのやら。

ちょっと調べてみた。

http://www.ffortune.net/symbol/12si/s08/grass.htm

ビンゴ!

やっぱりクローバー(シロツメクサ)が入ってる!

同じ草むらでもこれが密集しているところの方が好きみたいに見えるもの。

これまた、羊と一緒に食べたりしてたんじゃなかろうか。

などと、あれこれ考えてしまいましたとさ。

ちなみに・・・

【モード前】

090523_054827_3

【モード後】

090523_054738

でした。

« あたし、何処に来たのかしら? | トップページ | お勉強用HP »

」カテゴリの記事

コメント

【おことわり】
もちろん、↑上記イメージはわたくしが訪れた際のものではありません。
昔から特に行ってみたいと思う場所の一つ、あこがれのところではございます。
ちょっと画像検索、あちこちから拝借させていただきました。
失礼いたしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あたし、何処に来たのかしら? | トップページ | お勉強用HP »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar