« 活動限界 | トップページ | 作ってみました。 »

2009年6月15日 (月)

こちら側の問題

犬のコマンド、命令の言葉だが、動作を的確に分けて考え、きちんとそれぞれに呼応して対応しなければいけないということに、日々の中で接しながら今更ながらに気付かされる。

犬の成長に伴い、その所作挙動も明確になってくる。もちろん併せて認識力も向上してきている訳だ。

最初は曖昧だった部分も当然のことながら区切り、区分が出来てくる。

そうなると、うかうかとこちらも漫然と対していては追いつかなくなる。

コマンドの言い淀み、間違いなど、それなりに伝達力が上がれば、それに比例してとまどいも伝わってくる。

しっかりせねば。

当初、家族構成を考慮して、言語は基本普段使う日本語で、ダメなことに対しては「No」というルールを設定した。

しかし、、、

これに対しても現在、迷いが生じつつある。

日常使う言葉の使いやすさの功罪両面を考えるようになったからだ。

このあたり、もう少し整理してみなければなるまい。

ともかくまずは家族間のコンセンサス、それを確立しなければ、犬にも可哀相かも知れない。

むろん、ほめるとき、楽しいとき、嬉しいとき、そしてその反対の事柄に際して、自然に出てくるものはそれでよいと思う。

言語化の長所短所、良し悪しなんてことは、基本人間に対するものと同じではないかと思うからだ。

信頼関係の構築に必要な手順として、平行して進めていくべきもの、そこのところを勘案しつつ、とにもかくにも日々を重ねながら、素敵な時間を過ごしていこうと思う。

がんばろう。

« 活動限界 | トップページ | 作ってみました。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 活動限界 | トップページ | 作ってみました。 »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar