« 犬あたま | トップページ | 「ガツンと言い聞かせるんですよ。この犬は人の言うことが解るから」 »

2009年6月28日 (日)

女の子座り

女の子座り
あの正座の形から足を左右に広げていっておしりをペタリと床に付ける座り方。
あれ、出来ません。

昔、運動をしていた頃、柔軟はまあまあだったと思うのですが、あれは無理でした。
どうにもおしりが浮いてしまって、これ以上無理をすると股関節が外れそうな気がして断念。
まあ、構造的にムリって事で。(当たり前?)

ラディーはお腹を冷やしてクールダウンするためか、よくこういう格好をします。
(写真はもっと小さかった頃のもの、でも基本変わりません。)

犬も雌雄の性別で骨盤の形って違うのでしょうか?
人に置き換えれば、出産の為という目的に合わせ、形状が違っていても不思議はないだろうと思うのですが…

ああ、二足歩行の場合だから、四つ足たちとは方向が異なる訳で、そうとも言えないか…

などと、考えていたら、ドッグランでよく遊ぶ男の子がおんなじカッコ、してました。。。

関係ないんだね。

おそまつ。m(_ _)m

« 犬あたま | トップページ | 「ガツンと言い聞かせるんですよ。この犬は人の言うことが解るから」 »

」カテゴリの記事

コメント

白い靴下がキュートに目立って、可愛いですね♪♪

我が家は紅丸・小雪・カルベル、誰もLaddyちゃんのような姿勢がとれません。いや、とれるかもしれないけどとりません。どっちだろう…(@_@;)。

でも、実家で飼っていたプーキー(女の子)は、いつもこの画像のLaddyちゃんのような姿勢で寝てました。しかも、後ろ足が下向きだったり横開きだったり…。

人間で言うと、どういう姿勢になるのでしょうね~~~。分かりませんが、ただ、何事も「出来ないよりは、出来た方が良い」??

柔軟である事は間違いないような気がしますねっ!!

めりさん、ありがとうございます。

ソックス、お褒めいただきまして光栄です!
洗い立ての白はなかなかで、これはうちでは通称○○と呼んでいて、いずれエントリーのネタにしようと思ってます。
お楽しみに!?

そう、ラディーはカメラを向けられるとそれまでのポーズを変えてしまうのです。
なかなか気付かれずに撮るのは大変です・・・
ということで、昔の写真をアップした訳なのですが、最近はもう少し後ろ肢が左右に投げ出されて、タイトル通り、余計「女の子座り」っぽくなってきてます。

う~ん、確かに柴ではあまり見なかったような気が。。。
でもこの前見かけたのはラブラドール系だったかと。

そういえば今実家にいるキャバリアもやるかも。
でもこれは♂ですが、、、
なんだか分かりませんが、きっとそのうち、あーそうだったのか!と思い至るかも知れませんね。

そうそう、仰せの通り、何事も出来るに越したことはありませんよね!
うん、前向き前向き!!!

↑笑ってというか、おちゃらけてばかりもいられない?

股関節が弱い子がこういう座り方をするのだ、という話を耳にしました。
そうじゃなくてもピョンピョン跳ねる子なので、ある程度成長するまではジャンプも控えめにさせ、病院に行ったときには股関節を診て貰うようにしていましたので。

先生が言うには大丈夫、問題ないとのことでしたが、極力気にしてあげるようにしておこうと思います。

杞憂に終わればいいな~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬あたま | トップページ | 「ガツンと言い聞かせるんですよ。この犬は人の言うことが解るから」 »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar