« 商品?企画シリーズ No.2 | トップページ | 有名犬と »

2009年7月16日 (木)

なんの練習だか…

K公国には、遠くフージサーンを臨む丘があります。

こちらは王家の式典に用いられるため、儀式の際は王族のもの以外の立ち入りは固く禁じられております。

特に、即位の礼の際にはここに立つこと、すなわち王としてあるということを意味しますので、現王あるときには尊敬の念を持ってあるため、王位継承者は安易にこちらへは近づきません。

しかし、K公国は国民から王家も篤く慕われており、また王家もその声に応えるべく、広く仁政をもってあたっていますので、普段であれば市民が集う場所として公開されています。

Photo_3

 

この丘はいわば王丘であり、時の王の名を冠せられ、呼び習わせられることとなっています。

王丘の警護もまた王女の大切なつとめの一つでありますから、ラディー王女はしばしこの場所に異常などがないか、見回っておいでです。

丘の廻りをぐるりと回って後、最後に丘へと歩みを進め、全てに問題がないことを確認し、帰路につきます。

それでは頂での王女の様子です。

Photo_4

おおっ!この目の輝きは・・・

もしや王女様、来るべき日に備えてその胸のうちがお目より溢れ出ていらっしゃるのでは。。。

民に賜るお言葉を一人心の中で推敲しておられるのですね!

はは~ぁっ、じいは感服いたしましたぞ!

まこと尊きお心掛け、見事でございまする~~~。

「ラディーヶ丘」と呼ばれるその日まで、お供いたしますー!

な~んて、なにやってんだか。 笑

« 商品?企画シリーズ No.2 | トップページ | 有名犬と »

」カテゴリの記事

コメント

王女様におかれましては本日もご機嫌うるわしゅう。

K公国の繁栄の象徴と思しき霊山ふーじさーんはこの赤き矢印の袂に拝見できるものと推察いたしますが本日お姿を隠されているものなのか、はたまたおつきの画家がキャンバスをケチったものなのか…。

本日も王女様の健やかなるお姿、国民一同うれしゅうございますが…

王女様、闇の王女様な感じでござる…

めりさん、毎度です。
また思いついたのでやってみました。お付き合いの程、感謝です。

マジレスです。
ここ、富士見の丘と言って本当に富士山が見えるらしいです。
近くにいながら確認したことはないですけどね。
夜のお散歩コースの一つなんですが、ここ上って、また下りるだけの通過点になってます。
ネタにするため真っ暗な中、写真を撮ってみましたが、こんな感じになってしまい。。。
思わず子供と「こわっ!」とか言っちゃいました。

「闇の王女」、良いフレーズです!
ダークファンタジーネタ、そのうち考えてみようかな・・・

あっ!ダークファンタジーネタ、すっごい楽しみです。

犬って実はダークな部分ありますよね。ダークってゆうか、いわゆる「動物は正直」「動物はウソつかない」

でも、思いっきり飼い主を誤魔化そうとするし、チャッカリしてる部分もあるしっ!!そこがまた人間臭い?というか魅力の一つですよね。

Dark Lady D !!

あ、せかしてるワケじゃないですよ~~、でもそんなシリーズも楽しみです♪

めりさん、どうもです。

ご期待に添えるかどうか判りませんが、ネタ候補としてストックさせていただきますね。

何かで読みましたが、ファンタジーというとそもそもおとぎ話っぽいイメージでふわふわした物語と思われがちですが、実は現実=リアルを対比として克明に描き出す優れた手法だという論でした。
だからこそ、お話しとして面白いって感じにつながるんでしょうかね。

めりさんのワンちゃんに対する見解もこんなところに通じるのかな?

Lady D、引き合いに出していただき、ありがとうございます!
「D]はダークのD,、、違いますってば!(笑)
ヘソ天のお腹なんか、真っ白ですよ!!
あっ、腹黒いのは中身かー、いや飼い主の方です。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 商品?企画シリーズ No.2 | トップページ | 有名犬と »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar