« 川遊び | トップページ | 黒いなぁ »

2009年8月15日 (土)

そういえば

昨日、泳いでいるラディーを見ていて思った。

まさに、「犬かき」だと。

で、ふと考えたのだが、、、

この泳ぎ方って、人間もやるけど、四肢のある動物は基本この泳ぎ方だよね?

名前が付いていると言うことは分類されている訳で、何か他に別種とされるものがあるのか?

寡聞にして知らないし・・・

で、検索してみると。

本当は「犬搔き」が正しいらしい。

で、行き着くのはwikiの記述。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E3%81%8B%E3%81%8D

そうか、やっぱり四足歩行の動物はこの泳ぎとなるワケですね。

なるほど、確かに肩の関節が人間のように360°回せないから、効率の悪いとされるこの泳法しかあり得ないのだ。

へぇ~。

でも、これが言語的に発生した経緯を考えると。

人が命名した訳だから、その様子を目にしたからである故で。

当然、他の動物でも見たりしているにもかかわらず・・・

「犬掻き」

犬が人間と一緒に暮らし始めたのは、一説によると現在通説とされている時代よりも更に古いという学者もいるそうだ。

そばにいて、水に接して泳ぐ姿を見て、やがて「言葉」にした?

なんて風に考えると、この言葉の中には、その根底に愛情みたいなものがあるような気もするなぁ。

確かにちょっと軽くみた感じのニュアンスもないこともないが、そこにもやっぱりそういう関係があってこそのような成り立ちの背景が感じられるかも知れないような。

ちなみに、英語では、

  • 犬かき
  • dog [doggy] paddle〔犬のように手足を上下に動かす泳ぎ方〕
  • だってさ。

    得意じゃないから分からないけれど、他にも言い方があるのかな?

    まあ、これも人と犬との関係は万国共通ということにしておきましょう!(勝手に。 笑)

    ・・・なんてことを、ボーッと考えていたら、あっという間に本日はおしまいになってしまいましたとさ。

    ちゃんちゃん。。。

    « 川遊び | トップページ | 黒いなぁ »

    」カテゴリの記事

    コメント

    Laddypanさん、こんばんは。

    なるほど、「犬かき」という単語ひとつとっても、奥深いですね。
    またひとつ勉強になりました。


    よく子供たちには、「わからない言葉があったら、直ぐに辞書なり、検索するなりして、まず自分で調べてみてから聞きなさい。」とか「普段の何気ない生活の中からも、常に何故なのかを考えてみなさい。」と偉そうに言っているのですが・・・

    私自身がもっとよく考えなきゃ駄目ですね。

    虎徹さん、いつもありがとうございます。
    いえいえ、まったくの思いつきでして。

    私らの頃といえば、もう辞書や辞典、図鑑で調べる以外は手段がなかったのですが・・・
    そうですね、私も似たようなことを言っておりますが、自身、ついつい楽な検索に頼ることの方が多くなってしまいましたね。
    昨夜も辞書で見てみようと思いつきはしましたが、広辞苑や大辞林など、本棚から出すことさえおっくうになって、そのままに。。。

    イカンイカン、自戒の意味も込めて気をつけなきゃダメですよね!

    なるほどぉ~。「犬掻き」「犬食い」…いつから犬を用いて表現するようになったのか考えると、ヒトと犬の歴史が見えるような…

    よくコメントを頂く「あやっち」さん(of "ラブラな毎日")のご主人が、犬関係の仕事をしてらっしゃるそうで、(詳しくは知りませんが)そのご主人いわく、

    「人は『泳ぐ』と言いますが、犬にしてみれば『水中を歩く』になるらしいです。だから泳げない犬はいない、ただ、好きか嫌いかは別」

    だそうです。

    …まぁ、水中だとヘンな歩き方になる小雪みたいのもいますけど、なるほどな~と納得させられました。

    そうそう、Dog paddleなんですよね。私も以前調べた事がありました。不思議だったのは、

    「平泳ぎで泳ぐ」:Do the breast stroke
    「犬掻きで泳ぐ」:Swim a dog paddle

    何故?ナンデ??

    めりさん、ありがとうございます。
    そう、書いていて思ったのですが、「犬~」と付く言葉、考えてみるとおもしろそうだなぁ、と。

    ご紹介いただいた方、以前めりさんと泳げないふりをするわんこの話しをされていた方ですよね?
    確かに、泳ぐ、という認識自体、人間によるもので、彼らにとってみればまったくそんなつもりもないんでしょうけどね。
    しかし、あの真剣な表情はなかなかの見物でしたよ!

    英語として考えるとまた?ですよね。
    もう、こうなってくると言語学的にアプローチしないと、ホントのところはわからないのでしょうけれど・・・
    英語のニガテな私には殊更ムズカシイです。。。

    めりさんのコメを見て私も「本犬」からアルバム拝見しました♪
    ホントですね!さくらと同じ女の子座りしてますね!
    だけど、ラディーちゃんはきれいなホワイトハイソックスで、さくらみたいにズリ落ちてないですね♪お行儀が良い証拠です(笑)

    ラディー家の夏の思い出の川遊び・・楽しそうですね!ライフジャケットも役立ったようですし、なにより、ラディーちゃんすぐに泳ぎがOKだなんて、すごいですね!

    さくら母さん、ありがとうございます。
    全然写真をアップしていないアルバムです・・・
    さくらちゃんみたいに笑顔の写真が撮れれば良いのですが、、、がんばります。

    ラディーもハイソックスにワンポイント(まさかタトゥー!?笑)が入ってきたり、茶色い毛が出没してきたりと、ちょっとずつ変わってきています。
    いつか、さくらっちょがやっていた部分クローズアップもの、ラディー版でやってみたいなぁ、と思ってます!

    水遊び編、またアップします。
    偶然ですが、こちらは・・・
    後ほど、コメントいたしますね!

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    « 川遊び | トップページ | 黒いなぁ »

    parts

    • twitter
    • clock
    • countdown
      結婚レシピ

    parts2

    • banner
    • calendar