« トイレトレーニング一案 | トップページ | どちらのワンちゃんですか? »

2009年8月 8日 (土)

ちょっと考えよう。

ラディーは急に具合が悪くなって病院に駆け込んだことは幸いにしてまだない。

親の懐を考えてくれているのか、いい子である。

でも、生きているのだから、いつどういうことがあるかわからない。

いくら気をつけていても不幸にして事故に遭ってしまうこともあるかも知れない。

この前、ブログを拝見していたら、ボーダーのパピーがおもちゃを誤飲してしまい、病院に行って事なきを得た顛末を目にした。

親切に、明細を公表していたが・・・

うむ、目を見はるばかりの内訳明細。

こちらの方も保険に入っていて良かった~と言っておられた。

確かに。

この金額をその場で払って帰れるほど財布に余裕はないな。。。

というより、ちょっとATMまで、、、となるのは火を見るより明らか。

よく言われることだが、ペットの治療費というのは高額、割高に感じられる。

制度の問題などなど、これから改善されなければならない部分は多々あるだろう。

もちろん、これに対するひとつの解答としての保険がある訳だ。

最近、カード会社から届く明細の中に、ペット保険の広告をとみに見掛けるような気がする。社会情勢の変化に伴い、こうした需要が増えているから、供給(或いは単なる商売として?)のために参入するところが増えているのか。

で、ちょっと調べてみた。便利な時代、ちょっとキーワードを入れて比較サイトを探せば一通りは目にすることが出来る世の中。

詳しくはこれからまた見ていきたいけど。

とりあえず、こんなところから。

「日本アニマル倶楽部」 http://www.animalclub.jp/ 

プランが色名になっているところ、携帯電話の料金プランみたいだが。

こういうの、不安産業だとは思うものの、やはりいろいろ考えてしまう。ああ、こういうのも保証されていると安心だよな、とか。。。

で、結果、術中にはまって高くなっちゃうんですが。

基本掛け捨ての体系、やっぱり少ない小遣いを充てるよう考えようかな・・・

皆さん、どうされていらっしゃいますか?

« トイレトレーニング一案 | トップページ | どちらのワンちゃんですか? »

」カテゴリの記事

コメント

仙台に来た頃、インターネットにハマってどこかの掲示板で知り合った「メル友」さんが、どうも私の自己紹介が犬だらけだったのをチェックして連絡を取って来たようでした。「保険を取り扱っています、いかがですか…」と。

記憶が定かでありませんが、年間6万円で、万が一の病気の時に保険が適用される…という内容だったと思います。私は見送りましたね~。

だって、毎年絶対に必要になる予防接種やフィラリアの薬は適用外で、若いうちはそんなにシッポ達、病気もしませんでしたし…。

ただ、私達が保険に加入しなかった一番の理由は、信頼出来て格安明朗会計の動物病院とめぐり合ったからだと思います。

でもホント、皆さんどうされてるんでしょうね。私も興味があります。

(ご紹介のURL、覗いて来ました。我が家のシッポ達はすでに年令制限オーバーでした(*^_^*))

めりさん、ありがとうございます。
もうこれは保険というものに対する考え方だと思うんですよね。
万が一のときどうするか、とか、生じた負担の発生をまかなえるか、とか。
費用対効果の関係、ですかね、なかには積み立て貯金で対処する、というのもあるかと思いますし。
ただ手をこまねいていて不安を募らせていても仕方ないし、そういった勧誘に踊らされるうつもりもないし、ましてや誰かに考えを押しつける気もないのですが・・・
ふと、どうなんだろうなーと思った次第でして。
きっと、例えば掲示板とかにいくのも参考になるのかも知れませんね。
タイトル通り、考えてみたいと思います。
ありがとうございました。

うちは、、、加入していません。

最初は保険に入ろうか考えたのですが、各種予防接種以外で病院のお世話になることもほとんどなく現在に至っているもので、結局見送りました。

「こてつ」は、何度か誤飲をしたことがあるのですが、誰も気づかず、彼の入り口から戻ってくるか、出口から出てきたときに初めて気づく有様で・・・

虎徹さん、ありがとうございます。
多頭飼いの方は、実際問題、どっちにしても大変ですよね。
そうですよね、何にもなければ一番いい、文字通り掛け捨てになってしまうくらいの方がいいんだと思います。
こてつくん、大事に至らないでよかったですね!
私がこのエントリをあげる前に見たパピボーの誤飲、出てきたものもアップしてくれていたのですが、まさかこんな大きさのものが?!というものでした。
こてつくん、やっぱりおもちゃだったのかな?

度々失礼します。

「こてつ」が飲み込んだモノですが、
・嫁さんのストッキング ×2
・次女のソックス
・ワンコ用おもちゃのゴムボール ×2
・ボールペンや鉛筆 ×数知れず

こうして羅列してみると、よくもまぁ今まで無事だったな、と。

虎徹さん、さっそくありがとうございます。
うわー、こてつくん・・・
布系はまあよしでしょうか。(ストッキングはちょっとおっかないですね。)
ボール、やっぱりですか。
レトリバー系のワンコは丸呑みしたという話しをたびたび耳にします。
(テニスボール丸呑みの知り合いゴールデンは緊急開腹手術、これは上からも下からも出ないと言われたためだそうで。)
ボールペン、鉛筆、先端系のものは怖いですね。
内臓を傷つけたりすると厄介そうですし。
こてつくん、本当に良かった~、ですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トイレトレーニング一案 | トップページ | どちらのワンちゃんですか? »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar