« 語呂合わせ? | トップページ | 「ひめらでぃ」遠くにありて思うもの »

2009年11月 9日 (月)

ただ、ありがとう

しばらく前にNELLちゃんのところで知ったブログ。

「go!justy!」

いつも更新がある度、拝見させていただいている。

 

あらためて多くは語るまい。

いや言葉を費やせば費やすほど、それがこちらの思いを伝えるものであっても、なんだか安っぽいものになってしまいそうだ。

感動した、なんて言葉が誰かの所為で陳腐に聞こえるようになってしまって久しいが、やはり純粋に思いつくのはそんな言葉だけ。

今更ながらに、心の真芯にがんと響くものには、修飾が過ぎた表現は全く必要ないことを痛感する。

-------------------

以下、ほんの少しだけ付け加えさせて欲しい。

もしかすると不遜に聞こえてしまう言い回しがあるかも知れないが、そのようなつもりは全くないことだけ前もってお断りさせていただきたい。

また、じゃすまさんにお断りしたものでもなく、あくまでも私が感じたことを書き連ねているものであり、どなたかにとってよろしくないものであったのなら、謹んで修正いたしますし、そのようなことがありましたならば、まずは予めお詫びしておきます。

 

 

上のリンク先、まず、”ディスクの十戒~WANから~”を是非とも読んでいただきたいと思うのだ。

ディスクをやっている人たち、そして我が家のようにこれからと思っている者も、常に忘れぬよう、心の中においておきたいと思う。

 

私自身、むやみに感動をあおるようなものはあまり好まない。

まして、それがエンターテイメントという表現形式をとった瞬間、制作者のなんらかの意図が多かれ少なかれ存在するはずで、その作為、意図がどうにも腑に落ちないのだ。

だから、この元になった「犬の十戒」が、まだシンプルにあったと思われる時期にはそれなりに思うところもあり、納得出来たのだが、映画などになった時点でどうにも一線を引いて見てしまうものになってしまった。

だから、もしこのディスクの十戒が、単なるアタマの中から出たものだったら、きっと違った受け止め方をしていただろうと思う。

 

しかし、これはそんなものとは存在の次元が異なるのだ。

全く同一の背景において語るべきものですらない。

こちらのブログで拝見する限りにおいて想像するに、そこに込められた思いというのはそんな軽いものではないと思うのだ。

圧倒的に真摯な思いがただあるのみだ。

(いや、じゃすまさん、そんな重いことを殊更に言ってらっしゃる訳じゃないのですが、だからこそ余計に感じてしまうのですよ。なんというか、ものすごく自然体でかまえてらっしゃるのですよ、これが。)

重ねられた事実の持つ強さ。

綴られていく気持ち、積み重ね、それらが指し示す願い・・・

 

凄いです。果たして自分にこのようなことが出来るだろうか。

深く突き付けられた事柄は、そっくりそのまま自問自答へと跳ね返ってきます。

 

 

そしてリンク先、中段にある クリック~ の先にある一文。。。

 

そのとき、いったい何が起こったのか。

それはその場に居合わせたものでさえも誰一人として永遠に知ることのない、二人だけの絆であったのかも知れない。

ただ、このもはや美しいと言っても良い「思い」だけが、燦然とそこにあったことだけが紛れもない事実なのだろうと思う。

 

素晴らしいです。。。

 

-------------------

 

いかん、なんだかんだと長くなってしまいました。(自分で言っておきながら、、、しかも駄文ですみませぬ。)

 

 

・・・だからこそ、人と犬というのは素敵なんですね。

ともすれば、ついつい忘れがちになってしまう、お互いの心を感じるという、言ってみればごくごく当たり前のことの筈なのに。

だからこそ難しいのだろうに、いつしか、そして何故かそれが薄れていってしまう・・・

 

決して、この気持ちを忘れることなどないように。

そして、それを気付かせてくれたjustyとじゃすまさんへ。

万感の思いを込めつつも、私に表せるのはタイトル通りの言葉のみだけ。

 

「ただ、ありがとう!」

 

 

« 語呂合わせ? | トップページ | 「ひめらでぃ」遠くにありて思うもの »

」カテゴリの記事

コメント

ネルブログにも書いてありますが、
我が家がじゃす家のプレー(フリースタイル)を見た時の衝撃っていうのは、
ものすごいモノがありました。
マジメな話、リアルに二人で泣きました。
あれほど感動することがココ最近あったでしょうか・・・。
これからディスクで遊ぼうとしていた私たちは、
「凄すぎる!!」(涙流しながらw)・・・この一言でした。
「ディスクの十戒」も拝見したことがあったのですが、
まさかじゃす家発信とは知らず、
それこそネルブログで紹介しようとしていました。
また近いうちに紹介できたらいいなと思っています。

じゃすまさんじゃすくんからの声が一語一句胸に突き刺さり、
ネルの育児に、より一層の慎重さが付け加えられたことは言うまでもありません。
きっとラディーパパさんもじゃす家を知って、ものすごく考えさせられたと思います。
「愛犬の命・安全は飼い主が守る!!」
なんとしてでも必須の標語?ですね♪^^

ディスクをやっていなくても、心にとどめておきたいことですね。
こうやって、テキストで拝見させていただくと改めてそう思います。

私もじっくり読んでみようと思います。

紹介してくれたPanさんにも、「ありがとう」

ひろさん、ありがとうございます。
しんさん、ひろさんは実際にご自分の目で見て、お会いしているんですものね。
さぞや感慨深かったと思います。

いや、マジでこちらの写真とそのエピソード、その中にあるものを考えただけで泣けてきます。
なんて深く、そして澄みきった繋がりなんだろう、と。

自分が経験しなければ分からないであろう事を気付かせ、思い出させてくれる、、、
justy&じゃすまさんには感謝です!m(_ _)m

虎徹さん、ありがとうございます。
おそらく、いきなりこの十戒を目にしていたら、全然印象が違っていたと思うのです。
でも、知ってしまってからあらためてこちらに目を通すと、、、
どうしても、その気持ちの背景に思い至らずにはいられませんで。

勝手に書かせていただきましたが、虎徹さんにもそう言っていただけるとありがたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 語呂合わせ? | トップページ | 「ひめらでぃ」遠くにありて思うもの »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar