« おやすみ | トップページ | とりあえず有言実行を目指したいものです。 »

2009年12月 1日 (火)

商品?企画シリーズ No.7

「ディスクドッグ用ウォッチ」

 

※以下、実際の細かいルールを詳しく知りませんので、使えるものかどうか、そして役立つかどうかは不明です。あらかじめ、ご了承下さい。

 

基本的に一分間程度の競技であるこの競技、場内のMC(アナウンス)が半分の経過、そしてラスト15秒前から告知、最後はカウントダウンを告げてくれる。

そのときのスローの具合、わんこの走り、キャッチから戻りの時間等、不確かな部分もあるが、おおよその目安があるとよいかも知れないと考えた。

おそらくは熟練者になれば、一定のアクションの流れなどから、体が時間を教えてくれるとは思うのだが。

素人考えだと、緊張とプレッシャーにより、平時の時間感覚はおおいに狂いそうな気がするのだ。

焦りは余計な力みにも通じかねない。

残り時間もそうだが、ペースメーカー的に、いわばメトロノームのように一定のリズムを掴みやすくする為に、それを知る術はないだろうか・・・

音のリズムが手っ取り早そうだが、これは場合によっては聞こえない可能性も高いだろう。

そこで、触覚として体に伝えてくれるものはないだろうかと思った。

しかも、それなりにスマートに。

 

そこで思いついたのが腕時計型のものは出来ないだろかということだ。

 

 

 

しかし、駆動部分、刺激を肌(触感)に与える箇所は、なんらかの動きを要するわけで、構造によっては、時計本来の防水性などを損なってしまう恐れがある。

しかも、たぶん、こうした動きを必要とする為の駆動にはかなりの電力を必要とするはずである。これを時計本来の電源と同一のものとするのは、交換の手間などを考えても望ましくないだろう。

 

そこで、発想を変えて、腕時計のリストバンド部分に取り付ける別ユニットとして考えてみたのだが・・・

これなら、電池交換の問題や、駆動部分に厚みを持たせてつくらなければならないという制約も躱せそうである。しかも、使い手の好みによって、手首への伝達位置も変動できるというメリットももたらす。

 

って、ことでこんなのはいかがでしょう。

 

Diskdogwatch  

 

 

 

 

 

 

【補足説明】

腕時計のベルト部に通して装着する。アジャスタユニット、パーツ使用で腕時計の種別に影響されない汎用性要。

電池駆動。出来れば防水仕様。

手首内側に当たるよう、バンドの占め具合を調節して取り付ける。

ゴム製の部分は内側からモーター等の回転運動をカム状のもので上下運動として伝達、皮膚への触感として通知する。

反対側の突起部は、ランプの点滅表示部分。(夕暮れ時等の使用想定、ON/OFF可。)

上記共に、一定のパルス或いはリズムを伝えるもの、時間の区切りをポイントとして伝えるモード、ラスト何秒かをカウントダウン方式で知らせるもの、などがセレクトできる。

これらの設定は、反対側、外側のボタンにて。

 

 

なんて、またしょうもらないことを考えました。

(実際どこまで役立つか、甚だ疑問ですが・・・)

« おやすみ | トップページ | とりあえず有言実行を目指したいものです。 »

」カテゴリの記事

コメント

またまた企画モノシリーズですね!笑
先日、うちも安い時計(ストップウォッチ付き)を購入しました。
。。。が、そういえば使用していません!!笑
その買った時計さえどこにいっちゃったのでしょう・・?!w

その前に、キッチンタイマーや別件でストップウォッチ(仕事用)を購入したので、たまに計測するのですが、
我が家の場合、例のひっくり返す時間でロスタイム発生のため、
どう頑張っても4投が限界です!!
なので、この4投を大切にしたいのですがキャッチがなかなかできないので、かなりポイントを取るのが難しいネル家です(笑)
ラディちゃんはどんな感じですか!?大会デビュー間近でしょうか♪^^

おひさ~
よッ~! 難波の(?)エジソンですか....
そのお力で 会社の商品企画 お願いできませんかね~^^
いいもの 開発したので ご連絡を......お嬢の為に作りましたよん。^^
犬の為には 救世主になるはず.....
詳しくは メールでね!
台湾のエジソンより ^^

本番中は、本部テント前に設置してある、大きなタイマーを見ながら投げることができます^^
大体、距離を投げる選手は、15秒で1往復できればまずまずだと思います。(足が速いコなら5投も)
お兄ちゃん達なら、短い距離で6往復くらいできそうですね。
ただ、緊張のあまり、タイマーなんて目に入りませんから、その腕時計があれば
きっと役に立つと思いますよ~ヽ(´▽`)/

ひろさん、ありがとうございます。
こういうことは、ちゃんとやり出してから考えるのが良いのですが、、、
思いつきです。

来年のデビュー?に向けて、がんばってみたいと思ってます。
(まあ、そうそう簡単にはいかないのは重々承知しておりますが。)
こちらでも、おいおい途中経過など。
よろしくお願いしま~す

お嬢パパさん、ありがとうございます。
えっ、まじめなお話しですか?
うゎ~、、、だとするとお役に立てないかも。。。
何しろ、実のところ、適当に考えたりしてますので・・・

ワタクシなどでも何かのお手伝いが出来ると良いのですが。
後ほど、お伺いいたしますね。

naominさん、ありがとうございます。
そうなんですよ、きっと実際の場所に立てば、こんなことは考えないのかも知れませんが、、、
ほんの思いつき、机上の何とやらでございます。

たぶんですが、ゆっくり走るラディーはよくって3投くらいのペースかなと。
ただ、兄1と2でディスクの感じが違いますから、果たしてどうなることやらです。
そして、どちらも決してプレッシャーに強いとは言い難く・・・
ペースメーカーになるようなものがあったらよいのでは、なんて考えたり致しまして。
誰に似たのかな? 苦笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おやすみ | トップページ | とりあえず有言実行を目指したいものです。 »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar