« しっぽの科学 | トップページ | もうひとつの記念日 »

2010年3月13日 (土)

姫様見聞録 巻の四

さても姫さまの城下ではそれなりに街並みにも変化など。

姫の回廊から公園へと続く遊歩道の舗装も都により施工し直されている最中。

建設予定だったドッグカフェも日々その姿を整えつつあります。

宅地の造成も行われ始め、新たな住民を迎え入れる準備も着々と、、、。

さて、気になるのは、かれこれ一年以上、建築予定の看板が立ったままの空き地。

商店街の端、街道沿いにあるのですが、古いお宅が取り壊されて後、土地売りの看板が掲げられました。

確か同時に広告も入っておりましたっけ。

うろ覚えですが、その価格、約一億円。

こんな田舎ですが、ある程度の広さがあれば、そこはそれ、それなりの値段になるというものです。

しばらく、その状態が続いていたいことからも、すぐには売買がなされていなかったことは明白。

なにしろ住宅用地というにはやや大通り過ぎる。

かといって、団地がなくなり寂れていく一方の形骸化した商店街のしかも外れとなれば、如何様な業態の商売が良かろうかと、道行く私でさえも考えあぐねるような始末。

それなりにむずかしかったのでしょうことは想像に難くありません。

 

そんな空き地に立った看板に書かれた文字は。。。

「動物病院 建築予定地」 !

 

おお、これは歩いていけるところに新しく病院が出来る。

近くでどこか良いところを、などと考えていた身にとっては、まさに渡りに船、密かに楽しみにしておりました。

 

が、もうすぐかれこれ一年近くなるというのに、一向に進展する気配がない。

 

これはもしや、反対でも起きているのか。

それとも、進出計画自体が頓挫したとか。

なにしと、土地代で一億を借り入れ、sの上に設備込みで建物を準備するとしたら・・・

金融機関の人間ではありませんが、素人ながらに採算というか事業計画の是非を考えてしまうような気が・・・。

だって、これをクリアしようとすれば、当然それは診療費その他に跳ね返ってこざるを得ない訳で、、、

仮に完成の日の目を見たとしても、これはちょっとお世話になるのもむずかしいのかな、なんて、今から心配になってしまいます。

 

まあ、いずれ、そちらが出来た暁には、またみなさんの評判などお聞きしつつ、総合的に判断させていただく所存でありますが。

 

ああ、どこか良い評判の先生はおらんですかね~。

何かの時に慌てる必要のないよう、ちょっとばかり押さえておきたいのですよね。

 

姫さま、お膝元の地域振興、充実ぶりはまだまだのようですぞ。。。

良き治世をお願いいたしまする。 笑

« しっぽの科学 | トップページ | もうひとつの記念日 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しっぽの科学 | トップページ | もうひとつの記念日 »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar