« 小休止(リンク先控え) | トップページ | そういうものか »

2010年7月 3日 (土)

かくして飼い主の責任は重い

この時期、狂犬病の注射に並んでワクチン接種を行う方々も多いかも知れない。

 

かくいうワタクシもその一人。

少し前のことではあるが、済ませて参りました。

 

このワクチン、日本では通例的に当たり前のようになっておりますが、こと外国などではそもそも義務づけでもなかったりと、それぞれの国においても考え方、決まりが異なっているようです。

 

加えて、ワクチン自体の効果、そしてなによりその副作用の危険性などを考慮して、接種自体を行わないということを実践していらっしゃる方々もいらっしゃいます。

 

Twitterでもこと、海外に在住した経験をお持ちの方を始めとして、日本の制度、ひいてはこの注射自体に疑問、異議を唱えていらっしゃる方もおられます。

まあ、拝見する限り、危険を甘んじて受け入れざるを得ず、祈るような気持ちでやむを得ず慣例に従っていらっしゃる方が多いと思われますね。

 

私自身、それらの是非を詳しくは分からないのですが、危険負担、リスクを考えると非常に悩ましい問題ではあろうと思っています。

 

ただ、今のところこの通例にならってはおりますが、、

 

まあ、比較もまた違うのかも知れませんが、人間の予防接種も似たような側面から論じられることもあるわけで、ある意味、予防医療などが抱える根本的問題の一つであるのかも知れません。

 

で、同じような悩みをNELLちゃんのところも感じていらっしゃったようで、ちょうどこんなエントリをあげてらっしゃいました。

 

やはり、かわいい犬の為と思う飼い主さんの気持ちというのは、いろいろと揺れ動くものですよね。

 

ひろさんもきっと気になったのだと思います。

 

以下のリンク先もそれについて記述されたもの、詳しくお知りになりたい方の為にこちらにも張らせていただきます。

http://pet.benesse.ne.jp/blog/dog/d0227/archive/41

 

 

ただただ健康でいて欲しいのですが、そのためには考えてあげなければいけないことがあれこれと・・・

 

しっかりと立ち向かい、出来る限りの責任を果たしてあげなければなりませぬな。

 

 

(ひろさん、記事にリンクさせていただきました。よろしくお願いします。<(_ _)>)

 

« 小休止(リンク先控え) | トップページ | そういうものか »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小休止(リンク先控え) | トップページ | そういうものか »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar