« グルーミング | トップページ | 「ひめらでぃ」 ネオチ »

2010年12月 1日 (水)

中間レポート その1

さて、ようやく2kg入りの袋を3つほど消化したところで、いつぞやご報告致しますとお話ししていたフードの件についてお伝えしたい。

 

さて、私は専門家ではなく、全くの門外漢であるから、ここで述べさせていただくことはあくまでも素人の一意見としてお聞き頂きたいのは言うまでもなく。

 

という、前置きをまず書かせて頂いて、、

 

結論である。

 

これは良いフードです!

 

前回の最後でややシモの話だがと結んでいたが、そこはなにぶんにも入ってくるところがあるから当然出て行くものがあるわけで、私たちの神ならぬ目ではお腹の中の様子は窺い知ることが出来ない為、あくまでも外部に現れる情報から判断せざるを得ないと言えよう。

そんな中で、排泄物というのは消化の過程や結果を目に見えるものとして提供してくれる貴重な情報源である訳だ。

 

(お食事中の方などお気をつけあそばせ。)

 

具体的にその様子をお伝えすることで多少は私が感じていることをお伝えする一助となるかとも考えるので、ここは一つご容赦をば。

 

量、これは犬が肉食系の動物である為消化器官が短めであるということからも分かるように本来繊維質などあまり有効に消化出来ない構造なワケで、結果その消化しやすさに比例すると思う。

このあたり、ダイエットフードを食べたときの量の多さをご存じの方にはご同意頂けるかと思う。

(ちなみになかなかよい値段のする○チュラル~というフードは、繊維の含有量が一番多く、実は負担が掛かるという意見があることを先日知った。)

この量がフードの価格に如実に比例するようだという前回の感想は基本的には変わっていない。

ただ、正比例ではなく、そこはやはりそんな単純でないことの裏返しでもあろうと思っているが。

ただ、こちらのフードにさせて頂いてから、それまでのものより更に減ったことは明らかではある。

(パッケージの裏側にある体重に対する標準的な量を参考にさせてもらったので、とりわけそもそも上げる量が減ったという事はないと思う。)

 

詳しい方は成分表の内訳や、使われている素材に関する表記などをご覧いただければお分かりだと思うが、動物として本来彼らが食していたものという流れを考えれば、それらはよく消化吸収されて然るべきものだということが、私の拙い説明よりまったくもって明らかでしょうが。

 

そう、イメージ的な言い方で申し訳ないのだが、最初こそあれ?少ない、、まだあとで用を足すのかな、なんて感じたりするが、そのうち、ああ、これは適度な量なのだとなにか納得させる、そんな感じの量なのですよ。

 

あげた量と、出てきたものに正しい正しい相関関係があるのがわかる、と言えばよいのかな?

ともかく、そういう感覚をもたらしてくれるのですね。

 

 

そして、特筆すべきはこの他の部分なのだが、、、

 

ちょっと続きますね。

« グルーミング | トップページ | 「ひめらでぃ」 ネオチ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グルーミング | トップページ | 「ひめらでぃ」 ネオチ »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar