« 小休止 | トップページ | やっぱ りっぱな しっぽ! »

2010年12月17日 (金)

中間レポート その2

続きです。(間が空いちゃってます。前回はこちら。)

 

まず、手触りなのです。

といって、かってのムツゴロウさん(違ったかな?)じゃありませんから、ワンのものを素手で触ってというわけではありません。

あくまでも、お持ち帰り用の袋越しの感触なんですが、、

 

これが実に適度な柔らかさというか、、

 

繰り返しになりますがアレな話で申し訳ないです。

 

でも、これまでのフードですと、量が多くなるものは柔らかすぎる感じで、少なくなるものだととても硬い手応えだったのですよ。

まるで便秘のものみたいだなと思ったくらいですから。

 

これが実によい頃合いでして。

まあ、お子さんのうんちを世話されたことがある方なら想像がつこうと思いますが、大人に比べてなんと健康そうなものをするのかと感じられませんでしたか?

きっと腸とか消化器官がつくづく元気なんだろうなと思ったもんです。

それとはちょっと違うのでしょうが、そんな感じで出てきたものをご想像下さいませ。

 

いわゆるひとつの、いいうんちです。

 

あとはニオイ、ですかね。

 

もちろん排泄物ですから、芳香香しき、ということはないんですけどね。

 

それでも、ヘンな臭さというか、混じりっけってものが無いというか、、

 

純粋ににおいがそこにある、といった感じですかね。

 

思うに、たぶん不純物とか、彼らの消化能力に対してよろしくない要素がないんじゃないかな、なんて思わせてくれます。

 

(散歩中のものは基本持ち帰ってきて、通称「蔵」という形で集めておくわけなんですよ、うちでは。それを開けたときにまとめて感じるものもあるのですが、これだとイヤな部分も増幅されますから余計にそう感じるのかも知れません。)

 

-------------------

 

思いの外、シモのお話しが長くなってしまいました。

 

さて、せっかくですから、もう一回続けます。

 

食した後のこと、取り込まれた栄養がどのように活かされているのでしょうか、つまりわんこ自身に現れてきたと私が感じた事などです。

 

(不定期ですから、また何日か後になると思います、ご勘弁をば。)

 

 

« 小休止 | トップページ | やっぱ りっぱな しっぽ! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小休止 | トップページ | やっぱ りっぱな しっぽ! »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar