« 一論 | トップページ | なでれー光線 »

2011年2月23日 (水)

コマンドの語調

昨晩、賢きいぬ使いさまたちの会話に耳をそばだてておりますと、、(Avanti風)

同じコマンドでも、一本調子ではダメ。

例えばHey!という声の掛け方でも、意識して五段階に分けているというお話が。


なるほど、いつも同じでは犬の注意を引きにくくなる。

小さく囁くように言うことを交えれば、犬も言葉に心配るようになると。


コマンド=命令は実行されてこそ結実、完了する。

その命を下した肝心のときに、効果のないものとなってしまうと。


なるほど、なるほど。



そして、

語調や大きさは そのコマンドの意味によって変える。 普通のコマンドは クールに小さめの声で。


ということにも言及して頂いた。



実は今朝、ちょっと試してみたのです。

同じことを言うのにわずかに声の勢いを変えるだけでも、彼らの反応が違ってくるのですな。


まず第一に耳の動きが違っている!



そして、そんな少しの行動から考えたこと。


ああ、これはついつい惰性になりがちなコマンドの発し方を、自らに思い直させるキッカケにもまたなるのだということなのです。



ふむ、これは常に意識付けしておいてよい事柄にこそ違いないと思った訳。



まことにありがとうございました。

m(_ _)m

« 一論 | トップページ | なでれー光線 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一論 | トップページ | なでれー光線 »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar