« 春眠? | トップページ | ありましたな »

2011年2月 7日 (月)

ほほう、、

ちょっとボーダー飼いさんのブログで見つけた記述です。

その方があちこち自分で調べたことを、ボーダーコリーの特色としてまとめておられました。

(もちろん自分なりに~という奥床しい注釈つきですよ。)

 

で、拝見していて、!と思った事柄がありまして。

 

私も到底行き届かないまでも、結構あちこち見ているつもりですが、これはまだ目にしたことがなかったもので興味を引かれました。

 

ボーダーコリーの毛色の違いによる牧羊犬としての能力についてです。

 

曰く、

○ 白の多いボーダーコリー:羊の群れの中に居て羊を守るガードドッグ。
○ ブルーマール: 険しい山間や崖で慎重に家畜達を扱う仕事。
○ BK&W/トライなど:もっともポピュラーに農場の仕事全般。

 

 

ふむふむ・・・

 

 

ご存じでしたか?

 

 

 

どこかにこうした見解を述べている一文があったのでしょうね。

 

もしかしたら海外のものかも知れません。

 

 

 

実際、毛色による違いなんて、外観だけのものなのかと思っていましたが、、

 

なるほど、そう言われてみるとこの特質の基となっている性格というものが確かにあるような気もします。

 

 

ちょっと、他のボーダーを見るときのイメージが変わってくるかも。

 

 

 

なるほどなぁ。。

 

 

(ところで、ここではどの分類に入るのでしょう。いわゆるレッドが明確に区分されておりません。レッボー飼いの方、どんな仕事が向いていると思います?或いはチョコボーとか。これは追求していくと興味深いものとなるかも知れませんね。)

 

 

 

ボーダーコリー、いやさ、犬道、なんとも奥が深いな。。

 

 

« 春眠? | トップページ | ありましたな »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春眠? | トップページ | ありましたな »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar