« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

ぐぅ…

日々バタバタを繰り返しつつも、少しずつ進歩は見られ、、

いやー、飼い主サイドは日常のごちゃごちゃにすっかり追われてしまいますがね。

二匹の関係性も時間を重ねるごとに築かれていくようで。

これからがさらに楽しみではありますね!

とはいえ、今のところはもっぱら遊ぶのが日課のお二方。

散歩を終えて、食事をし、また疲れるまでひとあそび。

1311949356351.jpg

で、おつかれさまのおやすみです。(^ ^)

2011年7月24日 (日)

なかよしさん

なかなか目が離せないとはこういうことです。。

細切れの時間ばかりで、PCに向かうというまとまった使い方は意外とできなかったり。

うーん、自分的には紙に書き連ねていく形が一番文章はまとまるような気が、、
続いてがキーボードで打ち込んでいく時ですかね。
推敲というか添削は手書きのほうが効率的に洗練されているような気がします。
モニター上の文字だと何か画一的というか平面的にのっぺりとした感覚があって、かえってその文字列に引きずられるような印象が、、

だから頻度は高いものの、こうやって携帯などで打っていくのはなんとなくこなれない感が残るのですよ。

…続き、頭の中では膨らんできていて、要するに考えながら書きたかったりするんですよね。

続きを読む "なかよしさん" »

2011年7月22日 (金)

未来予想図

ゴールデン、やはり大きいです。

既に10キロを超えました。

むむ、これは、、笑


で、すぐにこんな風になるのではと…

1311346563306.jpg

続きを読む "未来予想図" »

2011年7月21日 (木)

インターバル

ひゃあ、さっそく続きを書く間がなかったという…

すいません。

ゆっくりとやらせていただきますね。


続きを読む "インターバル" »

2011年7月20日 (水)

ご紹介に先がけて

ラディーの弟、デュークのことです。

おっと、その前に、、

こちらのタイトルは当分このままのつもりです。

いずれなんらかの工夫はするかも知れません。

あくまでも我が家のわんこライフは彼女によって始まりましたしね。

ということで、先日のタイトル「2nd stage」ということでお付き合いの程を。

(注意:自分メモ=あとから苦しくならないように自分の首を自分で絞めておかないこと。)

 

 

続きを読む "ご紹介に先がけて" »

2011年7月17日 (日)

2nd stage

縁ありまして、この度かような事と相成りました。

Laddy、姉さんとなります。

続きを読む "2nd stage" »

2011年7月13日 (水)

じぃーっ!

元気です。

決してほっぽっているワケではありません。

飼い主の責任です。


いやぁ、お暑うございます。

あつくてワンコはへぇへぇですが、それでも健康に過ごしていますよ。

もっとも、さすがに走るのはちょっと…の雰囲気ではありますがね。


おや、視線が、、

本日はお留守番長めでした。

もしかするとちょっぴりスネ気味とか?

1310567471968.jpg



テーブルのしたからこんばんは、でした。


おやすみなさい。

2011年7月 4日 (月)

脱走ボーダー顛末記

放課後、学校へと遊びに出かけたラディー兄2、隣の公園の木立の合間に見える黒い塊に目を疑ったそう。

ボーダーコリー?

近くに女性がいたので、てっきりノーリードで遊んでいるのかと思ったらしい。

ところが近づいていくと当のその人から、君のところの犬?と尋ねられる始末。

周りを見回しても飼い主らしい人影もなく、よく見れば首輪もない、どうやら逃げ出してきた様子だと。

一応、ボー飼いの端くれ、アイコンタクトを挑みつつ、警戒を与えないよう行き先を牽制、動きを予測しながら距離を縮めていったそう。

徐々に気を許しだしたのか、手の届く位置までの接近を。

あとは向こうが警戒を解いてくれるまでは無理強いせず、その状態をキープしたまま通りかかった下級生の知り合いに近くの交番まで言伝を頼んだらしい。

駆けつけた警官のやりとりする無線の内容から察するには、隣の市から数日前に逃げ出して捜索願いが出ていた犬のよう。

その人にもまだ警戒しているからこの距離を保ったほうがいいと言ったらしく、幸いにも先方も理解してくれたのだとか。

そのまま、飼い主さんへと連絡をとってもらいつつ、尋ねられた自分の住所や電話番号を伝えていたんだという。

これにて一件落着と思いきや…

交代にやってきたお巡りさんがこのニュアンスをわかってくれなかったんだとか、、

子供では無理だろうと判断したのか、通りがかりの男性に犬を捕まえられないかと声を掛けたそう。

ラディー兄2はこのまま待ったほうがいいと言ったそうですが、その人も聞き入れてくれず、命令して取り押さえようと考えたようでいきなりの行動に…

しかも突然大声を出して、、

おとなしく伏せっていたワンは驚いて飛び起き、結局そのまま再び走り去ってしまったのだそうです。。

ラディー兄2もその後を追ったそうですがとうとう見つからず仕舞い。

しばらくあたりを探し続けたそうですがもはや再び会うこともかなわず、、

最後に立ち寄った交番で聞いたのは、最初の警察官が自転車でパトロール中、再度姿を見つけ追跡、届け出られていた住所の近くまで追いかけて見失ってしまったとか。

飼い主さんのは近くまで行っているはずだと再びの連絡を入れたそうです。

無事、戻れているとよいのですが…


という話を彼から延々と訴えられました。

せっかくの好機を無為にされてしまったことが相当悔しかったようです。


いやいや、きっと家に帰れたよ。

ラディーと同じ女の子だったらしく、明らかにこちらの様子が分かっていたように思えたとか。


うん、きっと彼女にはキミの想いは伝わっていたと思うよ。


その状況下ではきちんとボー飼いらしい対応が出来ていたんじゃないかな。


父は誇らしいぞ!

(^ ^)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar