« 2nd stage | トップページ | インターバル »

2011年7月20日 (水)

ご紹介に先がけて

ラディーの弟、デュークのことです。

おっと、その前に、、

こちらのタイトルは当分このままのつもりです。

いずれなんらかの工夫はするかも知れません。

あくまでも我が家のわんこライフは彼女によって始まりましたしね。

ということで、先日のタイトル「2nd stage」ということでお付き合いの程を。

(注意:自分メモ=あとから苦しくならないように自分の首を自分で絞めておかないこと。)

 

 

ということで、当ブログは犬しばりの自分ルールでやっておりましたが、ここらでボーダーしばりは規制緩和、ちょっと付け足しを。笑

 

一口に犬が好きと言っても実は皆さん、いろいろとお好みはあることと思います。

これはまあいろんな理由やなんやかやがあるのでしょうが、、

 

ボーダーコリーへの憧れと共に、もう一つ前から心にあったこと。

(あ、他にもあるって言えばそうなんですけどね・・・。)

実はこれがゴールデン・リトリバーなのでありました。

これまたいろいろな事由があった故のことだと思いますが、今でも思い出すのは昔読んだことのあるお話、こちらです↓。

ウォッチャーズ

有名なクーンツの作品ですね。

試しにこちらのAmazonレビューをどうぞ。

みなさん、犬好きがどれだけかと!

http://www.amazon.co.jp/dp/4167136139/

http://www.amazon.co.jp/dp/4167136147/

 

これを見て絶対アインシュタインって名前を使おうなんて無邪気に心に決めてたくらいですから。

 

なんてことから、それなりに興味は持っていたわけですけどね。

 

この度、晴れてその夢も現実のものとなったわけですが、もちろん向かえるにあたっては家族の同意あってのことですから、そこはそれ、当然のことながら話し合いは必要なわけです。

実際、世話を含め、皆で協力しないといけないのはもう明らかですしね。

 

よく聞いたりするように、こどもの意見ではそりゃ可愛いから飼いたい、絶対面倒を見る、とは言ったものの、やはりだんだんと、、ってなことになり、結局は親が全部やっている、みたいなお話はありがちですしね。

それはやはり出来うる限り避けたいものだと。

 

せっかく一緒に暮らすのだから、せめてお互い楽しく幸せにいきたいものじゃないですか。

その上で、責任はきちんと受け持つ、ということじゃないかと。

 

まあ、彼らもゴールデン大好きでしたしね。

そして何より、Laddyママもゴールデンが大好きなんですよ。

 

ということで、まずは総意としては問題ないと言えるのですが、そこからまた現実的な判断を下さなきゃいけないということなのですよね。

 

-------------------

 

ということで、ちょっと続きにします。

 

 

« 2nd stage | トップページ | インターバル »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2nd stage | トップページ | インターバル »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar