« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月27日 (水)

証拠写真

以前何処かで言いました。
Laddy は明るいところで眠る時、顔を暗いところに持っていくと。
その時はカーテンで顔を隠す、なんて話をしたように思います。

さっきふと後ろを振り向くと、、

あ!

やってました。

決定的瞬間です。


写真あげておきますね。


うまいことするもんだなぁ。。

1340807511531.jpg

2012年6月14日 (木)

言外の含み

この時期、みなさんも狂犬病やワクチン、フィラリアの薬をもらうために病院を訪れる事が多いだろうと思う。

そういう我が家も先だって二匹を連れてかかりつけの病院へ行ってきた。

見てもらったのは以前手術を手がけてくれた先生、女医さんである。

二匹をそれぞれひとしきり診て頂いた。

・・・

結果、問題ないと言い切ってしまって良い状態。

まずは安心である。

 

まあ、Duke は水鳥を追う猟犬の末裔にもかかわらず、どうにも湿気に弱いらしく、肌の状態には引き続き気に掛けて行かねばならないが、、

日常の乾燥を心掛けるのも今になってはもはや当たり前の事になっているので、ことさらどうということも無し。

健康で何よりと胸をなで下ろす次第である。

 

続きを読む "言外の含み" »

2012年6月 2日 (土)

ちょっとしたメモ?

先日、とある書き物のためにWEBでうろうろ検索調べをしておりました。

で、寄り道した先でこんな記述を、、

ウィキペディアより。

Pan(パーン):羊飼いと羊の群れを監視する神
パーンが上半身が山羊、下半身が魚の姿になって逃げたエピソードは有名であるが、この姿は低きは海底から高きは山の頂上まで(山羊は高山動物であるため)世界のあらゆるところに到達できるとされ、「全て」を意味する接頭語 Pan(汎)の語源となったともいわれている。

つまり牧羊犬の神様にも通ずるとも考えられなくはないかな。

この名をもったBCもいらっしゃったっけ。

なるほどなぁ。

・・・ちなみに後半の部分はHNのpanとは全くの偶然の一致でして、後付けの理由にさせてもらっている部分だったりします。 

といって誰かに説明したこともないのですけどね。 笑

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar