« ちょっとしたメモ? | トップページ | 証拠写真 »

2012年6月14日 (木)

言外の含み

この時期、みなさんも狂犬病やワクチン、フィラリアの薬をもらうために病院を訪れる事が多いだろうと思う。

そういう我が家も先だって二匹を連れてかかりつけの病院へ行ってきた。

見てもらったのは以前手術を手がけてくれた先生、女医さんである。

二匹をそれぞれひとしきり診て頂いた。

・・・

結果、問題ないと言い切ってしまって良い状態。

まずは安心である。

 

まあ、Duke は水鳥を追う猟犬の末裔にもかかわらず、どうにも湿気に弱いらしく、肌の状態には引き続き気に掛けて行かねばならないが、、

日常の乾燥を心掛けるのも今になってはもはや当たり前の事になっているので、ことさらどうということも無し。

健康で何よりと胸をなで下ろす次第である。

 

途中、雑談混じりにあれこれお話をしていただいたのだが、まずはゴールデンのDuke である。

こちらはまさに”GR”の性格、いや、そのなかでも特にやんちゃな顔立ちと性格だと断言されてしまうくらい。

「これは落ち着くには相当、、いやずっと落ち着かないかも、、。」

などと、おそろしいことをおっしゃる。笑

・・・はい、飼い主達はとうに分かっておりますのでご安心を。

 

あれ、ここまで読んで頂いた方はこれじゃあタイトルと矛盾するのでは?と思われたかも。

 

ええ、これはLaddy のお話です。

二匹の関係性、姉弟、きょうだいの様子をお話しながら、先生もいろいろと感じるところがあるのでしょう。

2回同じ台詞をおっしゃいました。。

「ボーダーさんはアタマがいいからねぇ~。」

 

BC飼いの方ならこの言葉の裏に隠されたいろんなニュアンスを鋭敏に感じ取って頂けるかと思います。苦笑

 

この○○”さん”の意味するところ、そして( )付けでほのめかされている”いい意味でも悪い意味でも”という部分。

 

嗚呼、きっといろんな相談を受けながら、さまざまなケースの中で諸々感じ、考えてきたものに拠るのだろうなと。

 

や、特別にLaddy が何か問題を起こしているわけではありません。

ただ思うのは本当にボーダーコリーはとにもかくにも知恵が回るというのは事実です。

ホント、面白いくらい。

 

そのあたり、楽しんで付き合っていくと、なんともおもしろい犬種ですよ!というのは私の少ない経験からもお伝えできます。

 

ひさびさの更新、こんなお話でございました。

<(_ _)>

 

« ちょっとしたメモ? | トップページ | 証拠写真 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとしたメモ? | トップページ | 証拠写真 »

parts

  • twitter
  • clock
  • countdown
    結婚レシピ

parts2

  • banner
  • calendar